search / news / write 


11.13(Mon)14:51



やめるときも、すこやかなるときも

窪美澄著 集英社 359ページ

大切な人の死を忘れられない男と、恋の仕方を知らない女。他者と共に生きることの温かみに触れる、傑作長編。
忘れられるわけなんかない。
僕が生まれて初めて結婚しようと思った相手のこと。
家具職人の壱晴は毎年十二月の数日間、声が出なくなる。過去のトラウマによるものだが、原因は隠して生きてきた。制作会社勤務の桜子は困窮する実家を経済的に支えていて、恋とは縁遠い。欠けた心を抱えたふたりの出会いの行方とは。




com ( 0 )





11.11(Sat)22:32



カラフル

森絵都著 文春文庫 259ページ

生前の罪により輪廻のサイクルから外されたぼくの魂が天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになる……。老若男女に読み継がれる不朽の名作。




com ( 0 )





11.09(Thu)17:04



チョコレートコスモス

恩田陸著 角川文庫 562ページ

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。これは戦いなのだ。知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかを─。少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう!興奮と感動の演劇ロマン。




com ( 0 )



   old new (1/15)